Naked Cafe

横田創(小説家)

わたしの娘

2019年1月25日発売の雑誌『しししし2 特集:ドストエフスキー』に短編小説を書きました。一部書店にて、年内の先行発売も予定しているそうです。この雑誌を編集・発行している東京・赤坂の書店(双子のライオン堂)で、今年の3月29日に行われた文芸評論家の山城むつみさんとわたしの対談も掲載されています。

f:id:yokota_hajime:20181208002059p:plain

http://shishishishi.liondo.jp/

 

母の手首にはケロイドがある。枝豆の竹の籠を模したプラスチック製の丸い容器を引き寄せた左の手首の外側に、見る角度によっては男物の腕時計をしているように見えなくもない傷がある。養子縁組をした妹に血が出るほど、何度も何度も噛まれつづけた痕だ

 

東野圭吾の「献身」ぶりを味わえる本

去年の秋ごろからずっと東野圭吾の小説ばかりを読んでいる。2008年ごろ、谷崎潤一郎の大正期のミステリ(『潤一郎ラビリンス〈8〉犯罪小説集』『潤一郎ラビリンス〈5〉少年の王国』)と、富岡多恵子の短篇小説(『仕かけのある静物』『冥土の家族』『動物の葬礼』『当世凡人伝』『芻狗』『遠い空』)から始まったわたしのエンタメ小説への旅は、松本清張(『或る「小倉日記」伝』『黒地の絵』『張り込み』『駅路』)から宮部みゆき(『火車』『理由』)へとたどりつき……。

レイクサイド (文春文庫)

レイクサイド (文春文庫)

 

わたしの産んだ、3人めのこどもは、のゆり、という。

笑った顔がほんとーうに、天使だよね!と、色々な人に言われていた。月並みな言い方だし赤ちゃんとしてはそれは普通の現象だと知っている。それでも、そう言いたくなるくらい、のゆの笑顔には驚きがある。普段のかおとが無愛想とかつまらなそうとか怒ってるとかそんな風には誰も思わないのだけど、笑顔を見たとき初めてその落差に気づき、階段から落っことされたみたいにびっくりしちゃう、そういう笑顔。

 

宮崎大祐監督特集

最新作『大和(カリフォルニア)』など、今世界が注目する若手日本人映画監督、宮崎大祐。彼が参加した、アジア4カ国の監督が織りなすオムニバス映画『5TO9』(出演:永瀬正敏 他)の公開を記念して、過去作を特集上映。

監督・脚本を担当した作品の中から、彼の創作の中心に据えられた“ノワール”に焦点をあて、その黒い影をここに投影する。劇場デビュー作『夜が終わる場所』から『5TO9』へ。―正しく埋葬されなかった者は必ずや回帰する。

宮崎大祐監督特集@シネマ・ロサ

語りえない情動や喪失を言葉でとらえるために 〜閉塞感と暴力が支配するいま、深く読まれるべき一冊〜『落としもの』/内藤千珠子

  第3351号 2018年05月19日 (土曜日)

ジョルジュ・バタイユ『太陽肛門』酒井健/訳(景文館書店)

私も汚れたパロディなのだ———  バタイユ29歳、図書館司書。陽気で、破廉恥に生きたい 「病的な人間」だった頃。

太陽肛門

太陽肛門

 

夢も見ずに私の腕にもたれかかり、ぐったり所在なげのこの女は、もはや私の外部にいる人間ではない。それはちょうど私がそこから見たり通ったりする窓や扉が私と無縁ではないのと同じだ。

純然たる幸福 (ちくま学芸文庫)

純然たる幸福 (ちくま学芸文庫)

 

人間は、自然を否定するけれども、けっして自然から離れて存在することはできない。人間は〈自然〉を否定する人間であるだけではなく、何よりもまず一個の動物なのである。すなわち自分が否定している当の事物なのである。したがって、人間は、自分自身を否定せずに〈自然〉を否定することができないのだ。(Ⅲ ヘーゲル論 ヘーゲル、死と供儀 第一章 死)

景文館書店

レル[Rer]には街路がない

 パートナーの死後、内側に緩衝材がついた封筒で文庫本が一冊届けられた。ネットで本を買うことが多かったパートナーの本がパートナーの死後に届けられたのはこれが初めてではなかった。印鑑を押して受け取り、つっかけていたサンダルを後ろに残し、上がりかまちに足を掛けながら引き裂くようにして開けた封筒の中から、青と緑の綺麗な文庫本が現れた。
 世界の誕生日。アーシュラ・K・ル=グウィン。ハヤカワ文庫。金色の冠をした褐色の肌の少女が森の中からこっちを見ている。