Naked Cafe

横田創(小説家)

告知

わたしを見つけて

筑摩書房のPR誌『ちくま 6月号 』に「わたしを見つけて」という短編小説を書きました。 自分で言うのもなんだけど、わたしはレアキャラだ。渋谷駅という複雑怪奇で巨大な駅の中でわたしを見つけるのは、たぶん難しい。 ヒントその1。わたしはいつも渋谷…

わたしの娘

2019年1月25日発売の雑誌『しししし2 特集:ドストエフスキー』に短編小説を書きました。一部書店にて、年内の先行発売も予定しているそうです。この雑誌を編集・発行している東京・赤坂の書店(双子のライオン堂)で、今年の3月29日に行われた文…

東野圭吾の「献身」ぶりを味わえる本

去年の秋ごろからずっと東野圭吾の小説ばかりを読んでいる。2008年ごろ、谷崎潤一郎の大正期のミステリ(『潤一郎ラビリンス〈8〉犯罪小説集』『潤一郎ラビリンス〈5〉少年の王国』)と、富岡多恵子の短篇小説(『仕かけのある静物』『冥土の家族』『動…

“ひとり出版社”が丁寧に作った宝石箱。『落としもの』/八木寧子

www.asahi.com

語りえない情動や喪失を言葉でとらえるために 〜閉塞感と暴力が支配するいま、深く読まれるべき一冊〜『落としもの』/内藤千珠子

第3351号 2018年05月19日 (土曜日)

<大波小波> 落としものはないですか

chuplus.jp

傍流化したジャンルの再生へ

mainichi.jp

レル[Rer]には街路がない

ユリイカ 2018年5月号 特集=アーシュラ・K・ル=グウィンの世界 ―1929?2018― 作者: 上橋菜穂子,萩原規子,清水真砂子,萩尾望都,伊藤比呂美 出版社/メーカー: 青土社 発売日: 2018/04/27 メディア: ムック この商品を含むブログを見る パートナーの死後、内側…

『大和(カリフォルニア)』トークショー

4/13(金) 18:30の回上映後 K's cinema(新宿) 横田創(作家)× 宮崎大祐監督 www.ks-cinema.com

ついつい題名に惹かれる横田創の短編『残念な乳首』/松本泰尭

www.asahi.com

磯部涼×宮崎大祐 「極東の要所・大和と川崎とヒップホップ」 映画『大和(カリフォルニア)』公開記念

bookandbeer.com

横田創 × 山城むつみ トークイベント

peatix.com

『落としもの』の補助線2

ちょっと考えてみて欲しい。「あなたの内なる声で黙読される誰かの内言」と、「あなた自身の内言」とを区別することはできるだろうか? あなたはあの子たちのひとり語りを黙読する中で、あなた自身の内言と同じようにしてあの子たちの声を聞きはじめる。聞い…

『落としもの』の補助線

dotplace.jp

『落としもの』取扱書店

◎北海道・東北 菊谷書店帯広店(北海道帯広市) BOOKNERD(岩手県盛岡市) ジュンク堂書店郡山店(福島県郡山市) ◎上信甲越 ジュンク堂書店新潟店(新潟県新潟市) 知遊堂亀貝店(新潟県新潟市) ジュンク堂書店甲府店(山梨県甲府市) ◎関東 うさぎや宇都…

先行発売のお知らせ

2018年1月17日から、二子玉川蔦屋家電BOOKフロアにて、短編集『落としもの』の先行販売をします。 【※新刊先行発売※】横田創、7年ぶりの新刊『落としもの』の先行発売を開始しました!サイン本が5冊入荷しました(が、残り3冊です)。『埋葬』で横田…

短編集『落としもの』

落としもの 作者: 横田創 出版社/メーカー: 書肆汽水域 発売日: 2018/01/22 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 収録作品お葬式(「ユリイカ」2008年12月号)落としもの(「新潮」2008年11月号)いまは夜である(「群像」2008年1月号)残念な乳首…

交換することのできないもの

エドワード・ヤン 再考/再見 作者: 蓮實重彦,鈴木了二,四方田犬彦,丹生谷貴志,野崎歓,樋口泰人,橋本一径,相澤虎之助,伊藤丈紘,金子遊,北小路隆志,雑賀広海,篠儀直子,管啓次郎,瀬田なつき,土居伸彰,富田克也,藤井仁子,細馬宏通,松井宏,三宅唱,結城秀勇,横田創…

言葉を持たぬ子供たち 

ユリイカ 2017年9月臨時増刊号 総特集◎幾原邦彦 ―『少女革命ウテナ』『輪るピングドラム』『ユリ熊嵐』・・・僕たちの革命と生存戦略 作者: 幾原邦彦,中村明日美子,相沢梨紗,奈須きのこ 出版社/メーカー: 青土社 発売日: 2017/08/09 メディア: ムック この商…

緊急企画 安全保障関連法案とその採決についてのアンケート への回答(全文)

『早稲田文学 2015年 秋号』に掲載されたアンケートへの回答の全文をここに掲載します。250字という依頼を2500字と勘違いして書いてしまった、推敲前のものです。 * 強姦した者は、してないとは言わない。したはしたけど、和姦だったと主張する…

丘の上の動物園

すばる 2013年 12月号 [雑誌]出版社/メーカー: 集英社発売日: 2013/11/06メディア: 雑誌この商品を含むブログ (1件) を見る 一年の中で最も日が長い季節とはいえ、赤くぽってりとした夕日のおなかが丘の稜線に触れてから暗くなるまではあっというまだった。…

リリイ・シュシュ、映画の主体の脱構築

ユリイカ2012年9月号 特集=岩井俊二 『Love Letter』『スワロウテイル』『リリイ・シュシュのすべて』から『ヴァンパイア』へ、未知なる映像を求めて作者: 岩井俊二,奈良美智,蒼井優,斎藤環,清水康之出版社/メーカー: 青土社発売日: 2012/08/27メディア: ム…

存在論的なまどろみの中で〜『天使の囀り』を読む〜

ユリイカ2011年3月号 特集=貴志祐介 『黒い家』『硝子のハンマー』『新世界より』『悪の教典』『ダーク・ゾーン』・・・エンターテインメントの革新作者: 貴志祐介,町田康出版社/メーカー: 青土社発売日: 2011/02/28メディア: ムック購入: 2人 クリック: 30回こ…

トンちゃんをお願い

すばる 2011年 03月号 [雑誌]出版社/メーカー: 集英社発売日: 2011/02/05メディア: 雑誌購入: 3人 クリック: 54回この商品を含むブログ (2件) を見る ひとりで生きていけるなら、お金なんていらなかった。いま自分が生きてゆくために最低限必要な三万円です…

ただなかで、その傍らで

ユリイカ2011年1月号 特集=ジャン・ジュネ “悪”の光源・生誕一〇〇年記念特集出版社/メーカー: 青土社発売日: 2010/12/27メディア: ムック クリック: 14回この商品を含むブログ (5件) を見る『ユリイカ1月号 特集*ジャン・ジュネ "悪"の光源・生誕一〇〇年…

埋葬

埋葬 (想像力の文学)作者: 横田創出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2010/11/25メディア: 単行本購入: 10人 クリック: 480回この商品を含むブログ (19件) を見る あたしが死んだことを受け止めてくれるなら、あたしのことを思い出さない日は一日だってないま…

富岡多恵子初期短編

群像 2010年 12月号 [雑誌]出版社/メーカー: 講談社発売日: 2010/11/06メディア: 雑誌購入: 1人 クリック: 20回この商品を含むブログ (12件) を見る11月7日発売の『群像 12月号』のコラム「私のベスト3」に「富岡多恵子初期短編」と題したエセーを発表…

体の畑

なんか最近、畑のような感覚で、自分の体のことを考えています。体内環境、とでもいいますか。ビタミン剤やゴマのセサミンのカプセルみたいなサプリメントが体にいいと信じているひとは、一度それを畑に撒いてみるといいと思います。かならずや無駄だと実感…

新刊

本日、ただいま、入稿しました。予定通りに行けば、11月25日に、早川書房から新刊が出ます。はじめて書き下ろした小説です。タイトルだけでもお知らせしようかと思ったのですが、やはり本の姿というか顔である装丁とともにお知らせしたいと思います。(→…

きみをも私をも超越したこの贈り物

わたしたちは、経験でないものまで経験することができる。これはなにより精神分析学によるところが多い発見であり実践でした。そしてその解明であり治療でした。それはもちろん、いまなおつづく旅である*1。ストレスというなんともゆるい言葉に一手に担われ…